2006年11月14日

中村 達志 Nakamura Tatusi【 テンペラ画 】

秋も一段と深まり 11月、『とさは青空』今年最後の作家さんの紹介です。

N-4.JPG

中村 達志 Nakamura Tatusi

1967 高知に生まれる 高知追手前高校卒
1991 東京芸術大学美術学部日本画科卒業
1996 東京芸術大学大学院後期博士課程(日本画)
<個展>
○ 星ケ岡アートヴィレッヂ/高知 ○ ギャラリーなつか/銀座 ○ ギャラリー風/大阪
○ 銀座九美洞ギャラリー/銀座 ○ アートフォーマル中谷/東京
○ 樹下の舎(聖建築研究所)/高知 ○ ほのまる ハート・アートギャラリー/高知
○ スーパーホテルエントランス/高知 ○ 土佐病院/高知 ○ ギャラリー556/高知 ほか

<グループ展>
1994 NICAF横浜 国際コンテンポラリーアートフェア '94/横浜
1998 名古屋コンテンポラリーアートフェア(NICAF)ギャラリー風より出展
1999 公募展「関口芸術基金賞」最優秀賞受賞
 公募展「現代・墨への挑戦 '99」入選
2002 NO BORDER 高知のアーティスト・カタログ第二章/高知県立美術館
2004 VOCA展/上野の森美術館
2005 THE EDGE 2 絵画の現場から/高知県立美術館ギャラリー
2006 書彩画響(しょのいろ えひびき)書家 中山泰志との二人展
                      星ケ岡アートヴィレッヂ/高知
  THE EDGE 3 絵画の現場から/高知県立美術館ギャラリー

N-3.JPG

今回は"テンペラ画"という技法で描かれた作品を展示しています。
顔料に固着力のある黄卵などを練り合わせて色を出すのだそうですひらめき
11〜13世紀 西洋の画家達は絵具を自家製造するのが当然だった頃。
ヨーロッパではこのようにして絵を描くこと全体を"テンペラ"と言い、黄卵などを利用した絵具で描く絵をのちに"テンペラ画"と呼ぶようになったとのことですかわいい

N-1.JPG

写真では分かりにくいですが、こちらの絵には金文も使われており 何ともめでたい作品。
観れば観るほど運という雲が漲っているぴかぴか(新しい)

N-5.JPG

そして、現在開催中のぴかぴか(新しい)香美市合併記念事業「中村達志展」ぴかぴか(新しい)
奥物部美術館にて開催中です。
あと来月12月9日(土)〜24日(日)まで安芸市にある『ROCK GREEN-CAFE』にて中村 達志 展〜テーブルの上の雲 The cloud on a table〜ぴかぴか(新しい)が開催されまするんるん
是非、みなさんこの機会に各会場へ足をお運び下さいぴかぴか(新しい)中村達志さんの作品を間近に感じ堪能して下さいませかわいい
posted by 店長 at 17:24| 高知 ☔| Comment(42) | TrackBack(8) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

Tilla Rodemann【コラージュ】

10月の『とさは青空』の壁面の作品が新しく変わりました ひらめき

Tilla Rodeman -1.jpg

ドイツ生れかわいいTilla Rodemannかわいいさんの作品です。

Tilla Rodeman -2.jpg

Rodemannさんの作品はとても色鮮やかでかわいらしい絵ですぴかぴか(新しい)
ただ描いているだけではなく、色んな技法で色付けされた色鮮やかな紙を切り貼りによって絵を完成させているんでするんるん

Tilla Rodeman -3.jpg

それにまた独創的なラインを筆で加えていたりと手の込んだ作品達です アート

お部屋のインテリアなどにいかがでしょうか ハートたち(複数ハート)
とってもフレッシュな気分になりますよん ぴかぴか(新しい)
posted by 店長 at 18:03| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

四人展 パ・ノ・ラ・マ

9週間連続企画展のラストを飾ったのは"画家"山中雅史さんの企画によります『四人展 パ・ノ・ラ・マ』展です ぴかぴか(新しい)『四人』とは、県内の病院や共同作業所で絵画や陶芸などの創作活動を行っている方々。その作家たちの作品約20点の展示。では会場での風景も交えながら作家紹介です ぴかぴか(新しい)

茨木隆敏
1943年高知県高岡郡に生まれる。

DSCF1228.JPG

療養生活のなかずっと 身の回りにある紙にボールペンで反復する文字(地図、お金)や軍人、軍艦などの絵を絶えず描いていた。
近年、病院の作業療法の時間に アクリル画材と出会ってからは 私達が見えない世界をも 螺旋的で強烈なタッチと色彩で表現している。
個展・グループ展・スピリィツアート展等に出品。


長田身延
1981年高知県安芸市に生まれる。

DSCF1222.JPG

山田養護学校在学中、陶芸のワークショップに出会い エネルギシュな「塊の群」の作品を造り始める。

DSCF1214.JPG

DSCF1217.JPG

平行してタオルの糸をむしり取る作業に凝り、その細い残骸で「冥界の色」の様なオブジェを作る。

DSCF1223.JPG

近年共同作業所 [ホップあき] 等にて絵画・書も始める。現在、「新聞を裂く」という行為が彼の制作の中心となっている。

DSCF1226.JPG

グループ展等・スピリィツアート展で特選、褒状。


崎山喜美
1954年高知県室戸市に生まれる。

DSCF1218.JPG

小さな時から 絵を描くのが好きだった彼女の作品は 人間の内にある「太古の記憶」「神々への畏怖」などテーマとしていて、見るものを「未知への旅」へと誘うかのようだ。 現在、精力的に絵画、書(呪術的文字)の制作活動を続けている。個展・グループ展・スピリィツアート展等に出品。


真辺隆起
1951年高知県高岡郡に生まれる。

DSCF1221.JPG

長い療養生活を続けた後 '01年病院の作業療法の時間に突然のように絵を描き始め、鮮やかな色彩を使い意欲的に制作(本人は「ぬる」と言っていた)を続けていた。が、最近は体が不自由になり以前の様には「ぬる」ことができなくなった。個展・グループ展・スピリィツアート展等に出品。

Curation 山中雅史
社会制度の中では障害をもっている人として位置付けられている彼らの芸術表現は、むしろ行為とよぶ方がふさわしいように私には思えます。それによって自己を昇華させようとする真摯で無垢な試みには、終わりさえないようです。宇宙の始まりは、泡から。という説があります。四つの泡のパノラマ。それぞれの作品が響きあう多次元空間の風景を感じとっていただければ幸いです。                    


私も この展覧会を拝見し いろんなたくさんのエネルギーをもらう事ができた気がします& #63901;新鮮でとても素晴らしい展覧会でした ぴかぴか(新しい)
また"ホップあき"へも足を運んでみます 晴れ
posted by 店長 at 08:33| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

奥田 剛 Okuda Takeshi

9月に入り 朝夕がだんだんと涼しくなってまいりました・・・

今月の『とさは青空』の壁面の作品が新しく変わりました ひらめき

DSCF1194.JPG

現在、高知県の宿毛市に在住の奥田 剛さんの作品です ぴかぴか(新しい)

1970 神奈川に生れ
1998 文具デザイン職を辞め
1999 宿毛市に辿り着き
2000 西土佐に暮らし
2001 美術教師免許を取り
2002 保育士免許も取り
2002 創って画ッハッハを宿毛で立ち上げ
2006 個展を開く
   7月 POURQUOI(南はりまや)
   8月 道ータオー(旧 赤岡町)

DSCF1190.JPG

そして今回ここ『とさは青空』で展覧会の開催を開催中 ぴかぴか(新しい)

DSCF1189.JPG

ケント紙に描いたアクリル画10点 展示販売しております。
(価格はお店のスタッフまで かわいい

ほのぼの心温まる作品から エネルギッシュな作品までと楽しいでするんるん
是非この機会に"奥田 剛"さんの絵を観に足を運んで下さいませexclamation
posted by 店長 at 19:40| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

なかひらじゅんこ【イラストレーター】

9週間連続企画展 第6週目 ぴかぴか(新しい) なかひらじゅんこ ぴかぴか(新しい)さんの個展開催中です晴れ http://bilibili.exblog.jp/

DSCF1135.JPG

会期は8月17日(木)〜22日(火)am.11:00〜pm.20:00まで

DSCF1136.JPG

今月初めに開催されたファウストギャラリーでの個展の作品から
新しい作品とたくさん 並んでおります ぴかぴか(新しい)

DSCF1138.JPG

なんとひらめき会場には毎日 なかひらじゅんこ さんが在廊中 exclamation

DSCF1139.JPG

なかひらじゅんこさんとお話できるチャンスですパンチ
是非 会期中に足を運んでくださいませ かわいい
posted by 店長 at 17:03| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

柴田 ケイコ【イラストレーター】

カミムラ アキコさんに続きまして
柴田 ケイコさんの展覧会が始まりました ぴかぴか(新しい)
http://wwwd.pikara.ne.jp/keiko0129/index.html

DSCF1123.JPG

奈良芸術短期大学卒業後、デザイン事務所を経て
2002年より現在高知を拠点にフリーイラストレーターとして大活動中ですぴかぴか(新しい)

DSCF1120.JPG

P R O F I L E ぴかぴか(新しい)
1973年 高知市生まれ
1994年 奈良芸術短期大学ビジュアル学科卒
香川・高知で印刷会社勤務後
2001年 デザイン事務所勤務
2002年 フリーイラストレーターとして活動
2003年 JEANS FACTORY CONTENPORARY
ART AWARD 2003 優秀賞入賞

DSCF1118.JPG

E X H I B I T O N ぴかぴか(新しい)
1999年   二人展開催/(高知・よくばり子リス)
2000年10月 初個展「keikoten」/(高知・ファウスト)
2001年11月 個 展「myself」/(香川・展覧会の森)
2002年 1月 個 展「step coler」/(高知・グラフティ)
2002年 2月 個 展「step coler2」/(香川・展覧会の森)
2002年 7月 NO BORDER#2展出品/(高知・高知県立美術館)
2002年 9月 個 展「VITAMIN SHOP」/(高知/ファウスト)
2003年 4月 ODEX展覧会参加/(高知・カルポート高知)
2003年 8月 JEANS FACTORY CONTENPORARY ART AWARD
2003最終審査展参加/(高知・高知県立美術館)
2003年 8月 5rooms企画展参加/(高知・高知県立美術館)
2003年 9月 EIGHT BY EIGHT finding参加/(兵庫・TRANS CAFE神戸店)
2004年 4月 個展「cous cous展」/MANIFESTO GALLERY(大阪)
2004年 5月 個展「cous cous展」/alco GALLERY(高知)
2004年10月 個展「うふふ展」/雑貨店 LEAF(香川)
2004年11月 個展「こどもちっく展」/POOL(高知)
2004年11月 個展「おとなちっく展」/ファウスト(高知)
2006年 4月 「de cyayon展」/ADDshopへ展示(高知)
2006年 5月 個展「de cyayon展」/Legume(広島)
2006年 7月 個展「pom pon」/ファウスト(高知)

W O R K S ぴかぴか(新しい)
[広告]
●シューズショップつるや/新聞広告
●雑貨屋the for season/新聞広告
●インテリアショップアトラクトe/m/
 ホ−ムペ−ジ掲載イラスト

[パンフレット]
●国際デザインカレッジ(美容科)パンフレット
●室戸海洋深層水ISOチェーン構想
●ブライダルスタジオ梶原絹代パンフレット
●ラ・ヴィータクラブ誌表紙カット

[出版物]
●エビス編集社/「マンジェ・ササの本」
●(株)ケーシービーアド/「フラワー」
●イープレス高知/「なごみのカフェブック」
●(株)ファクトデザイン事務所/「パワーランチ」
●季刊高知表紙・中面カット

[その他]
●2003.2004吉祥寺navigator表紙
●2003マガジンハウス anan雑誌カット
● フリーペーパー/EIGHT BY EIGHT VOL1
         2004大阪navigator
●ショップ 「THE EMPORIUM」
 2003〜2005キャンペーンポスタ−・グッズ制作
●ショップ 「PINK ADOBE」
キャンペーンポスタ−・グッズ制作
●フリーペーパー「TORICO」中面カット etc・・・

DSCF1122.JPG

クレヨンで描かれた可愛いイラストにかわいい近くで見るとオシャレな英字の紙をちぎって貼っていたりかわいいキュートなリボンがくっついていてりかわいいひとつひとつ丁寧に完成されていますかわいいとってもかわいらしくてのんびりする空間になっておりますかわいい

8月末までの展覧会です るんるん 是非、この機会に柴田 ケイコさんの可愛らしい作品達を観にきてください ぴかぴか(新しい)
posted by 店長 at 14:26| 高知 ☁| Comment(23) | TrackBack(5) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

真部 剛一 Manabe Koichi 【size0】

9週間連続企画展 ぴかぴか(新しい) 本日、第2週目 現代美術家、真部 剛一さんです ぴかぴか(新しい)
今回の展覧会の作品タイトルは「histream」

DSCF1079.JPG

2003年より、中国、黄土高原エリアにてアートプロジェクトを現在まで継続して行っている。そのドキュメント映像(約20分間)をビデオ・プロジェクターで上映 映画

DSCF1080.JPG

合わせて、カオスの波形による平面作品をパネル展示されています。
その他にアートプロジェクトの資料もたくさん展示してありました 目

●真部さんより作品コンセプト…
私達の身の回りの自然の中には、変わり続ける、或いは、揺らぎ続ける現象に満ちあふれています。気象、地層の運動(地震)、株価の変動などは、変動のスピードや振れ幅は違えど主要な日々のニュースです。また、生態系の中の様々な種の個体数、生体内の代謝活動、神経細胞の活動、遺伝子の働きなども変動し続けていることが自然科学の発展とともに明らかになってきています。そこでは、変動のしやすさや揺らぎが、生命活動へ積極的役割を果たすことも議論されています。変転極まりない自然の中で、生物の進化や人類の歴史を通じて、私達の生命システムや生活スタイルには様々な秩序が生み出され、また、消えていきます。変転きわまりない自然の流れの振舞は、身の回りの変転や揺らぎへ豊かな示唆を与えてくれます。このような変転に富んだ振る舞いの源である「流れに沿った不安定性」に注目し、流れの変遷へ思いを馳せる作品を制作しています。

ぴかぴか(新しい) 真部 剛一 Manabe Koichi ぴかぴか(新しい)

1974年 8月 岡山生まれ
1997年 3月 成安造形大学 造形学部 造形美術科 卒業
1999年 3月 京都市立芸術大学 大学院 美術研究科 修了

現代美術家。岡山を中心に制作活動を行う。近年は個人の作品発表にとどまらず、「ニュータウンアートタウン展」「西川アーツフェスティバル」等の、都市の持つ機能、役割をアートの表現力を用いて顕在化させるアートプロデュース活動、アジア圏での国際交流文化活動、若手作家の育成、支援に力を入れている。また、1996年に藤本仰一(物理学者)とのアートユニット「真部 剛一+藤本 仰一」をチベット高原で結成。アートとカオスの融合による新たな表現活動を行うため、中国の黄土高原を中心に作品発表、アートプロジェクトを展開している。
 現在、倉敷芸術科学大学・順正短期大学・山陽学園短期大学 非常勤講師、楡林学院(中国陜西省)客員教授。


ぴかぴか(新しい) 個展・グループ展・プロジェクト ぴかぴか(新しい)
1994年11月 自由工場京都展/西陣織物工場跡地(京都) 
1995年 7月 アートフェスティバル IN 鶴来 '95-'96/金沢市鶴来町(石川)
11月 エスパス21 アニュアル'95/乗松厳記念館エスパス21(愛媛)
1996年 3月 個展/ギャラリーそわか(京都)
7月 THE LIBLARY 展/ギャラリーそわか(京都)
9月 モダンde平野 '96-'97/平野区(大阪)
1997年 8月 個展/アートスペース虹(京都)
10月 「四日千秋」展/吹田旧庄屋屋敷 西尾邸(大阪)
1999年 2月 京都市立芸術大学 修了制作展 <同窓会賞受賞>/旧春日小学校(京都)
2000年11月 個展/AKARIデザインギャラリー(岡山)
2001年 5月 山里にでた美術展/熊山町(岡山)
7月 個展/CELL GALLARY(岡山)
11月 奉還町アート商店街/奉還町商店街(岡山)
2002年 1月 NEXT 展/CELL GALLARY(岡山)
8月 美術展「マチヲタガヤス」'02-'03 /岡山県総合文化センター(岡山)
9月 ニュータウンアートタウン展 企画・出展/山陽団地全域(岡山県山陽町)
2003年 2月 「現代作家の眼」アートウェーブ岡山・コラボレーションポエム2003 /岡山県総合文化センター(岡山)
8月 黄土高原・楊家溝村にてアートプロジェクトを開始〜現在まで(陜西省/中国)
2004年 8月 西川アーツフェスティバル/岡山市西川流域(岡山)
9月 histream /黄土高原・楊家溝村(陜西省/中国)
10月 TRUE COLORS/シラパコーン大学アートギャラリー(バンコク/タイ)
2005年 1月 アートリンク・プロジェクト2005/ギャラリーすろおが463(岡山)
9月 「煙の変遷 ー histream of smoke ー 」展/ギャラリーすろおが463(岡山)
9月 eat 展/ギャラリーアルテ(丸亀市/香川)
10月 奉還町アート・ワークショップ/奉還町商店街(岡山)
10月 昭和40年会presents 七人の小侍+1/ANPONTAN(東京)
2006年 3月 気配をけして piano, piano 87名の静かなレッスン。レンガ倉庫にて。/築港赤レンガ倉庫(大阪)
5月 アートリンク・プロジェクト2006/ギャラリーすろおが463(岡山)
他、出展歴多数 exclamation

その他活動にはアートプロデュース多数、講演や執筆、番組放送などと沢山手掛けています exclamation×2会場で真部 剛一さんのプロフィールを書いた資料をもらえますので、興味のある方は是非足を運んで下さいませ ひらめき
posted by 店長 at 22:19| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

帰ってきたSize0 exclamation×2

Size0dm.jpg

昨年の今ごろ「size0」で5組のアーティスト達が2週間ごとの催展リレーを開催しました exclamation そして そして今夏もやります ぴかぴか(新しい)『帰ってきたSize0』を開催しますぴかぴか(新しい)今回は9組のアーティスト達による1週間ごとの催展リレーと盛りだくさん exclamation×2

2006.jpg

punf-b.jpg

毎週、内容の違った展覧会を開催していますので、ぜひ毎週足を運んで下さい るんるん

http://size0.jpn.ch

ぴかぴか(新しい) 出品参加作家と会期は下記の通りです ぴかぴか(新しい)

7/13(木)〜7/18(火)パラモデル paramodel
7/20(木)〜7/25(火)真部 剛一
7/27(木)〜8/01(火)花田 洋通
8/03(木)〜8/08(火)Matty
8/10(木)〜8/15(火)高知遺産 まちなか編
8/17(木)〜8/22(火)なかひらじゅんこ
8/24(木)〜8/29(火)横田 章
8/31(木)〜9/05(火)石井 葉子
9/07(木)〜9/12(火)四人展 パ・ノ・ラ・マ

OPEN 11:00〜20:00 水曜日定休  入場無料
お問い合わせ TEL&FAX 088-872-7377(とさは青空)

主催:isolabella
協賛:町田病院・海辺のホスピタル
協力:株式会社タカラトミー・株式会社ユージン・とさは青空・
mori yu gallery・特定非営利活動法人ART NPO TACO・
gallery slogadh463,white canvas・graffiti
posted by 店長 at 16:47| 高知 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

山中 雅史 展

山中 雅史 絵画展『夏が巡る』

DSCF1063.JPG

高知市帯屋町2丁目のsize0(サイズゼロ)にて開催中です ぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい) 山中 雅史 Masashi Yamanaka ぴかぴか(新しい)

1961年-高知市に生まれる

DSCF1067.JPG

【個展・二人展】
1989年-個展(絵画・立体)ギャラリーパン
1991年-個展(版画)ギャラリーパン
1992年-個展(版画)ギャラリー邦
1992年-土佐和紙アメリカ展 ピーボディ・エセックス博物館
1996年-個展(山中雅史・野村祥子 版画テン版画・立体)
    ギャラリー星ヶ岡アートヴィレッヂ
1996年-高知県展 洋画部門 大賞・特選・高知県美術振興会 奨励賞 高知県立美術館
1997年-個展「巡礼のはじまり」ギャラリー邦
1999年-個展「出会いの時」アトリエ倫加
1999年-日本の現代 木口木版作家20人展 ギャラリー星ヶ岡アートヴィレッヂ
2000年-WASHI-TEN(土佐和紙展)GALERIA LOS OFICIOS ハバナ キューバ
2002年-個展「ゆらぐものから」かるぽーと市民ギャラリー
2005年-個展(絵画)「のちのおもひに」size0      …などなど ぴかぴか(新しい)

DSCF1065.JPG

ずらりと新作が並んでおります ぴかぴか(新しい)
中には、今まで発表せず寝かせていた作品も展示しているとか ひらめき

DSCF1066.JPG

多色のアクリル絵具が混ざり合っての発色。
なんとも惹かれるものがありました かわいい
是非、山中雅史のパワーを感じに 足を運んで下さいませ ぴかぴか(新しい)

DSCF1061.JPG

展 覧 会 名:山中 雅史 絵画展『 夏が巡る』
会期・日時:2006.7.1(土)〜 6(木)am.11:00 〜 pm.7:00
会   場:size0(サイズゼロ)
〒780-0841 高知市帯屋町2−67−3−3
(旧ダイエーショッパーズ入口西アーケード内北側)
      phone:088-872-7400
posted by 店長 at 18:09| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

カミムラ アキコ【銅版画+フィギュア】

国吉 晶子さんに続きまして
カミムラ アキコさんの展覧会が始まりました かわいい
http://tosa-aozora.seesaa.net/article/16085466.html
4月にもカミムラ アキコさんの個展「昨日の手紙」の
日記を書いています 晴れ

DSCF1049.JPG

ぴかぴか(新しい) カミムラ アキコ ぴかぴか(新しい)
1966年生
香美市土佐山田町在住
京都嵯峨美術短期大学中退

2003年-イラストレーション誌第128回チョイス入選
2003年 9月-高知市ギャラリーファウスト 個展「アソビゴコロ」
2003年11月-高知市ギャラリーファウスト 個展「つながる」
2005年 3月-金沢Rallye 個展「春にうたう」
2005年 4月-高知市ピースカフェ3F 個展「いっぽ、にほ」
2005年11月-高知市ギャラリーファウスト 個展「SONG FOR SOMEBODY」
2005年 -HBファイルコンペ 入選
2006年 4月-安芸市ロックグリーンカフェ 個展「昨日の手紙」

HP http://www1.ocn.ne.jp/%7Eformano/

DSCF1037.JPG

今回は、昨年の2回の個展で発表した銅版画の中から
15点を選んで展示販売しております ぴかぴか(新しい)
手刷り印刷で一枚ずつていねいにプリントされた
ポストカードもあります 揺れるハート

DSCF1044.JPG

とってもキュートなどうぶつのどうはんがが

DSCF1042.JPG

たくさーん並んでいます ハートたち(複数ハート)

DSCF1040.JPG

カミムラ アキコの世界を堪能しに足を運んで下さい 揺れるハート

DSCF1045.JPG

新作のくまのフィギュア達と一緒にお待ちしております ぴかぴか(新しい)

DSCF1039.JPG
posted by 店長 at 16:00| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

野村 祥子 展

野村 祥子 版画展『 '95-'05Myサムネイル』

0-1.jpg

高知市帯屋町2丁目のsize0(サイズゼロ)にて開催中です ぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい) 野村祥子 Sachiko Nomura ぴかぴか(新しい)
1951年-高知市に生まれる
1973年-神戸デザインスクール卒
1975年-東京クラフトデザイン研究卒
1986年〜87年-渡欧。パリ「アトリエ17ヘイター工房」にて、
     銅版画を学ぶ 帰国後、陶芸制作も開始
1990年-第1回高知版画協会展より参加 現在まで毎年出品
1992年-陶芸展 ギャラリーPann(高知)
1993年-土佐和紙アメリカ展 ピーボディー・エセックス博物館(マサチューセッツ州)
1995年-明日への道しるべ展〈現代高知の版画作家たち〉ギャラリー星ヶ岡アートヴィレッヂ
   (高知)1996年-第3回高知国際版画トリエンナーレ展 いの町 紙の博物館
    山中雅史・野村祥子版画展 ギャラリー星ヶ岡アートヴィレッヂ(高知)
2000年-WASHI-TEN ハバナ(キューバ)
2004年-現代高知版画展 土佐山田町立美術館

現在 高知版画協会会員 海辺の森ホスピタル陶芸講師

0-2.jpg

『 '95-'05Myサムネイル』といタイトルで、今までの作品を これからもドンドン新しい作品を創り出そうと意欲的な 野村祥子さんの "サムネイル" として展示です アート
1995年〜2005年までの野村祥子の世界を是非ご高覧ください。

2-0.jpg

最新のオブジェも観せていただきました ぴかぴか(新しい)
どこか異国な空気が流れる時間でした。
会場には常時、ご野村祥子さんご本人がいらっしゃるので、
是非足を運んで声をかけてみてくださいね かわいい

DM.jpg

展 覧 会 名:野村 祥子展『 1995-2005 Myサムネイル』
会期・日時:2006.6.24(土)〜 29(木)am.11:00 〜 pm.6:00
会   場:size0(サイズゼロ)
〒780-0841 高知市帯屋町2−67−3−3
(旧ダイエーショッパーズ入口西アーケード内北側)
      phone:088-872-7400
(7月1日(土)からは山中雅史さんの展覧会が続きますので、
                 そちらの様子も報告致します かわいい

作品2.jpg

『とさは青空』にも野村祥子さんの作品を置いています。

作品1.jpg
posted by 店長 at 00:00| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

国吉 晶子【抽象画】

初夏の候、吹く風もようやく夏めいて参りました 晴れ

DSCF0982.JPG

ヤマモト ダイゴさんに続きまして
国吉 晶子さんの展覧会が始まりました かわいい
 
ぴかぴか(新しい) 個 展 ぴかぴか(新しい)
2001年-グラフィティ/高知
2003年-ギャラリーファウスト/高知
2005年-グラフィティ/高知
 
ぴかぴか(新しい) グループ展 ぴかぴか(新しい)
2003年-「OVERDRIVE EXHIBITION」 かるぽーと/高知
   -「5ROOMS」 高知県立美術館/高知
2004年-「THE EDGE」 高知県立美術館/高知

DSCF0979.JPG

アーティストがアーティストを紹介していくというリレー形式の展覧会の第1回エッジ展では国吉晶子さんの作品がインターナカツの『ジーンズファクトリー土佐道路店』に飾られました。
そして、2005年度ジーンズファクトリーコンテンポラリーアワードで大賞を受賞 ぴかぴか(新しい)

DSCF0978.JPG

今回『とさは青空』での展覧会という事で他の作家さんの作品に響かないような作品に仕上げて下さいました。絵の具とパステルの彩りが美しく、控えめだけど勢いもある国吉さんの作品です かわいい
6月末までの会期中に是非足を運んで下さい ぴかぴか(新しい)
posted by 店長 at 21:32| 高知 | Comment(0) | TrackBack(1) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

ヤマモトダイゴ展【イラスト/額縁】

DSCF0937.JPG

5月に入り、なかひら じゅんこ さんに続きまして
ヤマモトダイゴさんの展覧会が始まりました ぴかぴか(新しい)

DSCF0929.JPG

県内外のカフェや雑貨屋さんのイラストを手がけたりと大活躍です ぴかぴか(新しい)
今回の展覧会は2年ぶりとのこと。

DSCF0933.JPG

このようなカタチの展覧会は初めての試みとのことでした。

DSCF0935.JPG

いろんな木の種類で額縁を作っています。
木の香り ぬくもりも感じられ、とってもいい気分です かわいい

DSCF0932.JPG

5月末までの展覧会です。是非ヤマモトダイゴ展を観に来てください ぴかぴか(新しい)
posted by 店長 at 17:52| 高知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

なかひら じゅんこ【イラストレーター】

DSCF0848.JPG

4月に入り、にしみね くみ さんに続きまして
大活躍中の なかひら じゅんこ さんの『ビリビリうらら』展がスタートしました exclamation

DSCF0852.JPG

なかひら じゅんこ【イラストレーター】
http://www.bilibilistudio.or.tv/index.html
高知県出身の1973年生まれ。1999年から数々の個展やグループ展を開催
( 今日が最終日ですが、ファウストギャラリーでのグループ展
 「アートテクトニクスvol.1」にも参加中 ひらめき
ぴかぴか(新しい) 各賞 ぴかぴか(新しい)
1994年-第48回高知県美術展覧会グラフィックデザイン部門 褒状
1999年-第19回高知県女流賞グラフィックデザイン部門 青潮賞及び高知県美術振興会奨励賞
第52回高知県美術展覧会グラフィックデザイン部門 褒状
2000年-第20回高知県女流賞グラフィックデザイン部門 女流展大賞
2001年-西南地域ネットワーク株式会社 SWAN TV ロゴマーク採用

DSCF0853.JPG

現在ではタウン誌などのイラストを担当するページもあり、
一度はきっと どこかで見た事あるはずです 目

和のモノとポップな なかひら じゅんこさんのイラストとの新しい空間を
是非、足を運んで見に来て下さい ぴかぴか(新しい)
posted by 店長 at 15:05| 高知 | Comment(5) | TrackBack(2) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

にしみねくみ【染色】

今年3月から『とさは青空★新企画』をスタ−ト致します exclamation×2
内容:入って左手の壁側を、高知にゆかりある作家の作品を
   月ごとに代えて展示販売いたします ぴかぴか(新しい)

記念すべき第一回目は ぴかぴか(新しい) にしみねくみさんです ぴかぴか(新しい)
今回、春先取りのやさしいほんわか色の"掛軸"を中心に
展示して頂きました かわいい
"短冊"や"色紙"と季節を彩る素敵な絵もあります。

DSCF0598.JPG

布と土佐和紙「SOMEYA」というショップを
香美群土佐山田町でひらいています ぴかぴか(新しい)
"のんびり ゆるくなって いい感じっていう生活をおくりたい
そんな物置いてます"
ココには小物などいろんなオリジナルのものがた〜くっさん!!
今のおすすめは、草木染の竹締め絞り ひらめき
「SOMEYA」オリジナル技法です ぴかぴか(新しい)

「SOMEYA」では教室も行っております 晴れ
・染教室(月1回)  ・絵手紙スケッチ教室(月2回)
 2000円+材料代   1回 1200円

山田方面の情報もいろいろ置いてあるようです ひらめき

DSCF0599.JPG

少し早めですが本日から、3月末まで展示いておりますので
是非『とさは青空』へ足を運んで下さい グッド(上向き矢印)

※宇田見飛天さんの版画は反対壁側に展示しております 晴れ
posted by 店長 at 23:40| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

ロギール・アウテンボーガルト【土佐和紙】

DSCF0131.JPG

ロギール・アウテンボーガルトさんを紹介します。

1955年-オランダ・ハーグ市に生まれる
1980年-シベリア鉄道と船で来日
1981年-伊野町(いの町)中追に定住し、田畑を作って自給自足の日本の
    百姓生活を体験しながら紙の原料の楮も栽培し紙漉きの修行を始める
1989年-高知市ギャラリーパンにて初個展
1992年-梼原町へ移住し、工房とギャラリーを開設する
1994年-第一回"アート&クラフトフェア 源流のうた"の開催。
    以降毎年主催し昨年10回目
1999年-梼原の商店街にある古い病院を改装して
    "ギャラリー&カフェ てんぐの風"
    をはじめる (2004年太田土に移転)
2003年-コットンリサイクルペーパー(オランダの伝統的手漉き紙)の
    製造も始め、和紙と融合させた新しい紙"脱藩ペーパー"の
    開発に取り組む

ぴかぴか(新しい) 各賞 ぴかぴか(新しい)
1996年-高知県新田舎デザイン賞受賞
2004年-高知県文化環境功労者賞受賞

ぴかぴか(新しい) おもな発表 ぴかぴか(新しい)
1991年-"Paper Works of contemporary Art" 今立 (福井県)
    "第一回Paper Art Biennale" オランダ
2000年-"Wahsi-ten" La Habana キューバ
     "Paper Works 2000" 伊野町
2003年-BOOKS" N'Box 南国市

晴れ ワークショップ 晴れ
1993年-地元越知面小学校にて紙作り教室を始め、
    原料栽培から卒業証書まで全学年の指導にあたる
2002年-町内全ての小学生(4小学校)の卒業証書を一緒に作っている
    ネーチャーゲームの会、森林センター(土佐山田)、牧野植物園、
    エコフェアー(中村市)をはじめ、各地の小学校などで出前教室も開催
2004年-梼原町太田土にて紙作り体験教室を常設し、
    梼原のグリーンツーリズムに取り組んでいる

現在は今年5月オープン予定の
紙漉きと山の文化の体験館『*かみこや』の誕生へむけて
準備を進めています ぴかぴか(新しい)

*かみこや:紙作りをはじめ土佐の山間の深い智慧と文化を
      体験できる場所。
      紙漉き体験・・・2時間コース〜
      山菜取り・・・・ワラビ、イタドリ、筍、他
      お食事・・・・・地元の食材で山菜ピザなど
      宿泊・・・・・・少人数予約制
インストラクターにはロギール・アウテンボーガルトさんと
山暮らしの達人グループ「やなぎばた会議」のメンバーです。

ゆっくり高知の山間の生活文化が体験できると思うと
オープンが楽しみです るんるん

tana.jpg

『とさは青空』の店内にはロギールさんの作った、
コースターやオランダ伝統の手漉き紙のハガキ、
和紙のカードケースなど小物も沢山そろっております 晴れ

hat.jpg

オリジナル手漉き和紙のランプシェードは、
吊り下げて使用するのはもちろんのこと、
吊らずにランプなどにかぶせ行灯のようにしても良いです かわいい
楮で作られているリボンがまたカワイイ かわいい

sida.jpg

その他にもシダ入りの行灯など
お家のインテリアにピッタリのものが並んでいます ぴかぴか(新しい)
posted by 店長 at 15:32| 高知 ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

西田 宣生 Nisida Nobuo【陶芸/工房 申(しん)】

misida2.jpg

西田 宣生さんを紹介します。

2000年-倉敷芸術科大学芸術学部工芸学科陶芸コース卒業
2001年-京都市工業試験場京都市伝統産業技術者研修
  陶磁器コース本科修了
2002年-京都府陶工高等技術専門学校成形科卒業
2003年-真葛宮川香斎(京都茶道具窯元)にて1年間修行
2004年-高知県南国市に、陶芸教室「工房 申(しん)」を開講

西田さんは南国市の工房で陶芸教室もなさっております。
その楽しい「工房 申」のHPです↓ぴかぴか(新しい)
http://kobosin.hp.infoseek.co.jp/index.htm

nisida1.jpg

西田さんの作品には
サイコロ目が均等に描かれた*イッチンカップ&ソーサーや
エスプレッソ用にと持手部分がサイコロの形(これがまた持ちやすい ぴかぴか(新しい))の
キュートなカップ&ソーサーにマグカップなどと、
午後のティータイムを楽しませてくれるの間違いなしのモノが
たくさん揃っております かわいい

*イッチン:技法の一つで、ケーキのデコレーションのように
      口金のついたビニール袋に白い化粧土を入れ、
      絞り出すように描く線文様のこと。
      スポイトなどが使われることもある。

nisida.jpg

ゆっくりお茶をたのしめる急須に湯飲み。
プレゼントにぴったりのモノと数多く… るんるん

これからも私たちを楽しませてくれる作品を期待しております ぴかぴか(新しい)

西田さんも、南国市の“nBox”で開催中の『おひなさま展』へ
参加なさっています。
     ↓
http://www.zoukei.org/nbox/11/
posted by 店長 at 18:16| 高知 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

広川 絵麻 Hirokawa Ena【陶芸】

ema.jpg

広川 絵麻さんを紹介します。

二十代後半の女性です。
とても穏やかで、おとなしく、やさしい方です かわいい
(私の勝手な感想です… 手(チョキ))

現在、香北町の工房で制作。
土と炎・・・そして“いま”の自分と
じっくり向き合う日々の中にいる。

釉薬に灰など混ぜたり
土には香北町の田んぼから採れた粘土を混ぜ込んだりと研究中 ぴかぴか(新しい)

ema1.jpg

かわいいイラストが描かれていたりで
観ているとワクワクしてきます グッド(上向き矢印)

湯飲み・椀・皿などなど数多く並んでおり
一つ一つ個性があって、お気に入りを見つけるのが楽しいです ぴかぴか(新しい)

現在、南国市の“nBox”で開催中の『おひなさま展』へ
出品しております。
     ↓
http://www.zoukei.org/nbox/11/

2月5日(日)までですので、一度足を運んでみてはいかでしょうか ぴかぴか(新しい)
posted by 店長 at 18:18| 高知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

隅田 たてよ Sumida Tateyo【陶芸/茂平窯】

sumida4.JPG

隅田 たてよさんを紹介します。

1946年-高知県高岡郡日高村に生まれる。
     彫刻家・木工作家を経て現在に至る。
現在「高新文化教室」と自宅工房にて陶芸教室を開催。
陶芸初心者の方にも、キメ細やかで熱心な指導が評判です かわいい

『忍者 日下茂平』
  茂平は文化文政の頃、日下村に生まれた。14才の時から庄家に
 奉公人として住込み骨身をおしまず忠実に働いた。
  そこには美しい娘があり二人は相愛の仲となる。
 しかし、主人の怒りにふれ、無一文で追い出された。
 母を思う茂平は家に帰れず猿田洞に入り
 天狗から忍術を教わり、修行の末奥義を秘伝された。
  やがて土佐のねずみ小僧と言われたと伝えられて、
 現在も「忍者日下茂平」として親しまれている。

この茂平の屋敷跡が窯の近くにあることから
《茂平窯》と名付けられたのだそうです ひらめき

sumida5.JPG

中でも*焼締のモノは男性のお客様のファンも多く、備前の土で
作られている器にビールを注ぐと口当たりのよいクリーミーな
泡におおわれ、美味しさがギュッと詰まった状態で美味しく
いただけると大人気です ぴかぴか(新しい)

*焼締:釉薬をかけずに高温で焼成したもの。
    備前焼、越前焼、信楽焼、伊賀焼きなどがあり
    焼き物の分類では“せっ器”と呼ぶ。

sumida1.JPG

温かみのある*粉引のカップも若い方に人気です。
カップと一緒にそれに合うお皿を探すのも楽しいです ぴかぴか(新しい)

*粉  引:鉄分の多い素地に白泥を*化粧がけし、
さらに透明釉をかけて焼成したもの。
      白い粉を引いたように見えることから粉引という。
*化粧がけ:器の素地に、素地とは違う色の土を溶いてかけたり、
塗ったりすること。

手作り感溢れる形。焼成中に燃料の薪の灰などが器の表面に降りかかって
自然に溶けて釉薬をかけたようになったもの“自然釉”の作品など、
観れば観るほど愛着が沸いてくるものばかりです ぴかぴか(新しい) 
posted by 店長 at 15:05| 高知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

町田 尚二郎 Machida Syoujirou【陶芸】

syoujirou1.jpg

町田 尚二郎さんを紹介します。

高知県いの町出身の“80代”近くの方です ぴかぴか(新しい)
陶芸の他、趣味で山登りもなさっていらっしゃって
まだまだ、とてもお元気な方です るんるん
尚二郎さんは、退職後より作陶を始めました。
ろくろを使用せず、*タタラ作り一筋で独特の
ぬくもり感のある作品を生み出しています。

*タタラ作り:タタラは板状にした陶土のことで、
 これを使って成形する方法。板作りともいう。
 タタラは型に押し当てて成形するのにも用いる。

syoujirou3.jpg

赤椿の柄もとてもかわいらしく、作風も若々しいと
沢山の方々に愛されております ハートたち(複数ハート)
街の居酒屋さんや小料理屋さんでも愛用されております。

私がたまたま行った居酒屋さんでも尚二郎さんの小鉢を使っており、
お料理がバッチリ映えていました ぴかぴか(新しい)
その時始めて、実際にお料理を盛り付けているのを見ましたので
嬉しかったです ぴかぴか(新しい)

syoujirou2.jpg

酢の物・和え物・煮付けや和菓子などにピッタリの小鉢から、
オードブル・お刺し身やにぎり寿司などもたっぷり盛り付けられる
まな板皿や角皿などたくさん並んでおります ぴかぴか(新しい)

いつもの食卓を華やかに彩ってくれること間違いなしです かわいい
posted by 店長 at 14:47| 高知 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 作家紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。